伝説“age嬢” 家村マリエさんは「おから料理」で起業家に

公開日: 更新日:

 かつて“キャバクラ嬢の教科書”ともてはやされたファッション情報誌「小悪魔ageha」。読者モデルは“age嬢”と呼ばれ、愛沢えみり、青木美沙子、桜井莉菜、桃華絵里ら人気モデルを輩出した。きょう登場の家村マリエさんもそうした1人。今どうしているのか。

■おからのベストセラー作家

「お豆腐を作る際に残る搾りかすのおから、これを再利用してお総菜や各種料理、デザート、スイーツなどの素材にするビジネスモデルや商品企画・開発、プロモーションを行う『株式会社Marie.Japan』を11年7月に立ち上げました。ご存じのように、おからは栄養素が豊富でヘルシーですし、ダイエットにもってこい。ところが、ほとんどが産廃として捨てられてるのが現状です。これって、ものすごくもったいないと思いません?」

 大阪は心斎橋のカフェで会った家村さん、こう言うと、「代表取締役」と記された名刺を差し出した。裏には「中性脂肪を減らす、おからのおかず」「満腹なのにみるみるやせる!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  3. 3

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  4. 4

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  5. 5

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  6. 6

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  7. 7

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  8. 8

    日ハム若手が結婚公表を渋るのは…稲葉侍J監督夫妻が原因

  9. 9

    中曽根元首相の合同葬 国の“コロナ対策”予算から9600万円

  10. 10

    “瀬戸大也にモラル”は八百屋に魚 味の素CM削除は自業自得

もっと見る