女子アナ&キャスター 参院選“元テレビ美魔女”候補の明暗

公開日: 更新日:

 同じく定数1増の北海道(改選数3)の徳永エリ(北海道・54・民進)は元テレビリポーター。自民と民進がそれぞれ2人を擁立、混戦模様になったが、約20万票あるといわれる“ムネオ票”が不発に終わり、元道議の自
民新人、柿木克弘(48)に競り勝った。

 滋賀(改選数1)の現職、林久美子(滋賀・43・民進)は元びわ湖放送のキャスターで、13年に自民の世耕官房副長官と再婚。野党共闘で自民新人の小鑓隆史(49)をねじ伏せるとみられたが、夫婦でねじれ選挙ばかりがクローズアップされ、失速。苦杯をなめた。

 女優で元キャスターの石井苗子(比例・62)はおおさか維新の比例で初出馬。

「同党の中では知名度が高く6万台の得票で滑り込めた。選んだ政党が正解です」(永田町関係者)

 国政に“タックル”を決めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ココイチのバイトテロ「バカ投稿」代償はとてつもなく高い

  2. 2

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  3. 3

    「林死刑囚は無罪」元大阪高裁判事が再審を請求したワケ

  4. 4

    元AKBが独学で開業した繁盛ラーメン店の「味の秘密」<1>

  5. 5

    パソナ1000%の衝撃!コロナと五輪でボロ儲けのカラクリ

  6. 6

    朝乃山に永谷園NG!CM契約解除は序の口、今後は針のムシロ

  7. 7

    田中みな実"チェーン店NG"に大倉忠義が放った父想いの一言

  8. 8

    31歳差で3度目…山寺宏一なぜアラサーとばかり結婚する?

  9. 9

    また五輪“特権扱い” サーフィン会場でドンチャン騒ぎ容認

  10. 10

    G7の菅首相を見て思う…せめて英会話を大臣の最低条件に

もっと見る