ハーフ、外務官僚…参院選「注目の美人候補」が続々当選

公開日: 更新日:

 18年間、民進が議席を守っていた岡山(改選数1)だが、今回は自民の“黒船”小野田紀美氏(岡山・33・自民)が議席を奪還した。

 米国人の父と日本人の母を持つ小野田氏は、身長170センチのハーフ美女だ。米国生まれの岡山育ちで、選挙直前までは東京都北区議だったが、公募を経て直前になって故郷に舞い戻った。選挙中は街頭演説の様子をリアルタイムでネット上に配信するなど“美貌”を生かした戦略で終始優勢のまま勝ち切った。

「小野田は現職の区議会議員だったが都連に相談せず、勝手に公募に申し込んだことから都連幹部は激怒。一時、出馬に待ったの声がかかるなど大荒れのスタートでした」(自民党関係者)

■トップ当選で“タカビー”加速?

 大阪(改選数4)の新人、「外務省の片山さつき」こと松川るい氏(大阪・45・自民)は8時過ぎに早々と当確を決め、「政治を前へ前へ進めたい」と勝利の弁。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  3. 3

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  4. 4

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  5. 5

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  6. 6

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  7. 7

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  8. 8

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  9. 9

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る