• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ハーフ、外務官僚…参院選「注目の美人候補」が続々当選

 18年間、民進が議席を守っていた岡山(改選数1)だが、今回は自民の“黒船”小野田紀美氏(岡山・33・自民)が議席を奪還した。

 米国人の父と日本人の母を持つ小野田氏は、身長170センチのハーフ美女だ。米国生まれの岡山育ちで、選挙直前までは東京都北区議だったが、公募を経て直前になって故郷に舞い戻った。選挙中は街頭演説の様子をリアルタイムでネット上に配信するなど“美貌”を生かした戦略で終始優勢のまま勝ち切った。

「小野田は現職の区議会議員だったが都連に相談せず、勝手に公募に申し込んだことから都連幹部は激怒。一時、出馬に待ったの声がかかるなど大荒れのスタートでした」(自民党関係者)

■トップ当選で“タカビー”加速?

 大阪(改選数4)の新人、「外務省の片山さつき」こと松川るい氏(大阪・45・自民)は8時過ぎに早々と当確を決め、「政治を前へ前へ進めたい」と勝利の弁。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  9. 9

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る