ハーフ、外務官僚…参院選「注目の美人候補」が続々当選

公開日: 更新日:

 18年間、民進が議席を守っていた岡山(改選数1)だが、今回は自民の“黒船”小野田紀美氏(岡山・33・自民)が議席を奪還した。

 米国人の父と日本人の母を持つ小野田氏は、身長170センチのハーフ美女だ。米国生まれの岡山育ちで、選挙直前までは東京都北区議だったが、公募を経て直前になって故郷に舞い戻った。選挙中は街頭演説の様子をリアルタイムでネット上に配信するなど“美貌”を生かした戦略で終始優勢のまま勝ち切った。

「小野田は現職の区議会議員だったが都連に相談せず、勝手に公募に申し込んだことから都連幹部は激怒。一時、出馬に待ったの声がかかるなど大荒れのスタートでした」(自民党関係者)

■トップ当選で“タカビー”加速?

 大阪(改選数4)の新人、「外務省の片山さつき」こと松川るい氏(大阪・45・自民)は8時過ぎに早々と当確を決め、「政治を前へ前へ進めたい」と勝利の弁。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  7. 7

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  8. 8

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

もっと見る