ハーフ、外務官僚…参院選「注目の美人候補」が続々当選

公開日:  更新日:

 18年間、民進が議席を守っていた岡山(改選数1)だが、今回は自民の“黒船”小野田紀美氏(岡山・33・自民)が議席を奪還した。

 米国人の父と日本人の母を持つ小野田氏は、身長170センチのハーフ美女だ。米国生まれの岡山育ちで、選挙直前までは東京都北区議だったが、公募を経て直前になって故郷に舞い戻った。選挙中は街頭演説の様子をリアルタイムでネット上に配信するなど“美貌”を生かした戦略で終始優勢のまま勝ち切った。

「小野田は現職の区議会議員だったが都連に相談せず、勝手に公募に申し込んだことから都連幹部は激怒。一時、出馬に待ったの声がかかるなど大荒れのスタートでした」(自民党関係者)

■トップ当選で“タカビー”加速?

 大阪(改選数4)の新人、「外務省の片山さつき」こと松川るい氏(大阪・45・自民)は8時過ぎに早々と当確を決め、「政治を前へ前へ進めたい」と勝利の弁。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る