• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「不倫は文化」より痛い? 石田純一ドタバタ不出馬の収支

 政治的には「野党統一候補の呼び水となった」と評価する声もある。しかし、業界内では「売名だったのでは」という声も上がっている。

 都知事選に意欲を見せながら、結局は「根回し不足」(本人)で出馬を断念した石田純一(62)。はたして今後のタレントとしての“商品価値”はどうなるのか。

 石田は現在、3本のテレビレギュラーを持ち、5つのスポンサーとCM契約を結んでいる。そのうちのひとつ、朝日放送の「おはよう朝日です」は、13日の放送で出演を見合わせ。この扱いは当面続きそうだ。一方、9日は放送を休止したミニ番組「シネマに乾杯」(朝日放送)は16日から再開されるという。残りも間もなく再開される見通しとか。

 出馬したら「賠償は天文学的数字になる」と明かしていたCMの方も、それほど大ゴトにはなりそうにない。一部で「出馬したら契約打ち切りへ」と報じられた東京靴流通センターに改めて聞いたところ、「みなさん誤解があるようですが、『打ち切り』というのは公選法上の話で、本社の意向ではありません。結局『不出馬』となったので契約はこれまで通りだし、幸い考慮中の間もCMの差し替えはなかったので、当社としてはペナルティーはありません」(担当者)とのことだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る