「不倫は文化」より痛い? 石田純一ドタバタ不出馬の収支

公開日: 更新日:

 政治的には「野党統一候補の呼び水となった」と評価する声もある。しかし、業界内では「売名だったのでは」という声も上がっている。

 都知事選に意欲を見せながら、結局は「根回し不足」(本人)で出馬を断念した石田純一(62)。はたして今後のタレントとしての“商品価値”はどうなるのか。

 石田は現在、3本のテレビレギュラーを持ち、5つのスポンサーとCM契約を結んでいる。そのうちのひとつ、朝日放送の「おはよう朝日です」は、13日の放送で出演を見合わせ。この扱いは当面続きそうだ。一方、9日は放送を休止したミニ番組「シネマに乾杯」(朝日放送)は16日から再開されるという。残りも間もなく再開される見通しとか。

 出馬したら「賠償は天文学的数字になる」と明かしていたCMの方も、それほど大ゴトにはなりそうにない。一部で「出馬したら契約打ち切りへ」と報じられた東京靴流通センターに改めて聞いたところ、「みなさん誤解があるようですが、『打ち切り』というのは公選法上の話で、本社の意向ではありません。結局『不出馬』となったので契約はこれまで通りだし、幸い考慮中の間もCMの差し替えはなかったので、当社としてはペナルティーはありません」(担当者)とのことだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  2. 2

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  3. 3

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  4. 4

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  7. 7

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  8. 8

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  9. 9

    最低12.0%で最高39.7% NHK大河ドラマの全話平均視聴率

  10. 10

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

もっと見る