「不倫は文化」より痛い? 石田純一ドタバタ不出馬の収支

公開日: 更新日:

 ほかのスポンサーも同様のスタンスだとすれば、今回の“実害”は多く見積もっても数百万円程度で済みそうだ。

 それより何より問題はタレント石田純一の「今後」である。

「石田はイベントやCMで稼いでいるタレント。そういう人にとって、今回の騒動は非常にマイナスです。大きなクライアントであればあるほど、政治的には“無色透明”を求める。いみじくも本人が総括したように“根回し不足”の危なっかしいタレントさんに、新たなCMを依頼しようなんて企業はないでしょう」(芸能リポーター)

 イベント関係者からはこんな声も上がっている。

「ひと頃は義父の東尾修さんと息子の理汰郎クンとの親子3世代共演で200万円なんてイベントがゴロゴロしていましたが、昨秋に国会前のデモに参加してからはオファーは、ぱたりとなくなった」(PR会社幹部)

 ゲスト出演がほとんどだったバラエティーも激減の見込み。今回の準備不足のドタバタ不出馬は、かつての「不倫は文化」以上に高い授業料を払うことになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  3. 3

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  4. 4

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  5. 5

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  6. 6

    渡り合える「強さ」で拭い去った夏目三久の「有吉の壁」

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」“HEROっぽさ”こそ月9の狙い

  8. 8

    都ファ議員ドタキャンは小池知事の圧力?出演予定者が明かす舞台裏

  9. 9

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  10. 10

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

もっと見る