試される本気度 石田純一の都知事選意欲にテレビ界の声は

公開日: 更新日:

「もう使えませんねえ」――。都知事選候補者として、条件付きで名乗りを上げたタレント石田純一(62)の会見を見て、そうTV関係者は言った。

 公職選挙法うんぬんがあって、少なくとも選挙期間中は番組出演のオファーを出せなくなるというだけじゃない。

「妻の東尾理子さんとの妊活のときは注目度も高く、どうやっても出ていただきたいという部分はありました。しかしながら、現在はとりたてて話題もないし、トレンディーで鳴らした頃のような女性人気を集めているというわけでもありませんからね……」と続け、そもそも、すでにタレントとして石田の“商品価値”に疑問符をつけていたようで、今回の政界進出話は見切りをつける契機になるのではというような算段も。

「そのあたりのところは、本人も重々、分かっていると思いますよ。俳優としては、出ても昼ドラの脇役がせいぜい。もともと女性スキャンダルで芸能マスコミに追われつつ、それを動因にして芸能界で生きてきたタレントですし、俳優に強いこだわりがあるというわけでもない。とはいえ『不倫は文化』といった過激発言やスキャンダルも、今は理子さんのお父さん(東尾修)の体面を汚すわけにもいかないでしょうから、使えない。手詰まり感とともに、自分のキャリアの集大成として、自分の何をどう売っていくのか考えていたと思います」(ベテラン記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る