試される本気度 石田純一の都知事選意欲にテレビ界の声は

公開日: 更新日:

「もう使えませんねえ」――。都知事選候補者として、条件付きで名乗りを上げたタレント石田純一(62)の会見を見て、そうTV関係者は言った。

 公職選挙法うんぬんがあって、少なくとも選挙期間中は番組出演のオファーを出せなくなるというだけじゃない。

「妻の東尾理子さんとの妊活のときは注目度も高く、どうやっても出ていただきたいという部分はありました。しかしながら、現在はとりたてて話題もないし、トレンディーで鳴らした頃のような女性人気を集めているというわけでもありませんからね……」と続け、そもそも、すでにタレントとして石田の“商品価値”に疑問符をつけていたようで、今回の政界進出話は見切りをつける契機になるのではというような算段も。

「そのあたりのところは、本人も重々、分かっていると思いますよ。俳優としては、出ても昼ドラの脇役がせいぜい。もともと女性スキャンダルで芸能マスコミに追われつつ、それを動因にして芸能界で生きてきたタレントですし、俳優に強いこだわりがあるというわけでもない。とはいえ『不倫は文化』といった過激発言やスキャンダルも、今は理子さんのお父さん(東尾修)の体面を汚すわけにもいかないでしょうから、使えない。手詰まり感とともに、自分のキャリアの集大成として、自分の何をどう売っていくのか考えていたと思います」(ベテラン記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る