• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

試される本気度 石田純一の都知事選意欲にテレビ界の声は

「もう使えませんねえ」――。都知事選候補者として、条件付きで名乗りを上げたタレント石田純一(62)の会見を見て、そうTV関係者は言った。

 公職選挙法うんぬんがあって、少なくとも選挙期間中は番組出演のオファーを出せなくなるというだけじゃない。

「妻の東尾理子さんとの妊活のときは注目度も高く、どうやっても出ていただきたいという部分はありました。しかしながら、現在はとりたてて話題もないし、トレンディーで鳴らした頃のような女性人気を集めているというわけでもありませんからね……」と続け、そもそも、すでにタレントとして石田の“商品価値”に疑問符をつけていたようで、今回の政界進出話は見切りをつける契機になるのではというような算段も。

「そのあたりのところは、本人も重々、分かっていると思いますよ。俳優としては、出ても昼ドラの脇役がせいぜい。もともと女性スキャンダルで芸能マスコミに追われつつ、それを動因にして芸能界で生きてきたタレントですし、俳優に強いこだわりがあるというわけでもない。とはいえ『不倫は文化』といった過激発言やスキャンダルも、今は理子さんのお父さん(東尾修)の体面を汚すわけにもいかないでしょうから、使えない。手詰まり感とともに、自分のキャリアの集大成として、自分の何をどう売っていくのか考えていたと思います」(ベテラン記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

もっと見る