4年ぶり劇場版 「ワンピース」タイアップ戦略の経済効果

公開日: 更新日:

「ポケモンGO」が空前の騒ぎだが、夏休みに入ってアニメの人気も沸騰しそうだ。大人も楽しめるアニメの代表といえば「ワンピース」だが、劇場版シリーズ13作目「ONE PIECE FILM GOLD」(配給・東映)が今日23日から全国で封切られる。前作からは4年ぶりだ。

 97年の「少年ジャンプ」連載開始以来、快進撃を続け、コミックの累計発行部数は3億冊を突破し、世界最多部数を記録したとしてギネスにも認定された。しかも、今回は大手洋画配給会社並みの“空前”のタイアップ戦略を仕掛けていて、その経済効果にも注目が集まっている。

 タイアップ先はセブン―イレブンやコカ・コーラ、イオングループ、大正製薬など大手がズラリ。12作目の興収は68億円、今夏は「80億円以上を狙っている」(興行関係者)という。タイアップしている企業の関連の売り上げも莫大だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る