4年ぶり劇場版 「ワンピース」タイアップ戦略の経済効果

公開日: 更新日:

「ポケモンGO」が空前の騒ぎだが、夏休みに入ってアニメの人気も沸騰しそうだ。大人も楽しめるアニメの代表といえば「ワンピース」だが、劇場版シリーズ13作目「ONE PIECE FILM GOLD」(配給・東映)が今日23日から全国で封切られる。前作からは4年ぶりだ。

 97年の「少年ジャンプ」連載開始以来、快進撃を続け、コミックの累計発行部数は3億冊を突破し、世界最多部数を記録したとしてギネスにも認定された。しかも、今回は大手洋画配給会社並みの“空前”のタイアップ戦略を仕掛けていて、その経済効果にも注目が集まっている。

 タイアップ先はセブン―イレブンやコカ・コーラ、イオングループ、大正製薬など大手がズラリ。12作目の興収は68億円、今夏は「80億円以上を狙っている」(興行関係者)という。タイアップしている企業の関連の売り上げも莫大だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る