• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

サザエさん声優争奪戦 タレント&俳優も虎視眈々と狙うワケ

 人気長寿アニメ「サザエさん」を巡って芸能界がザワついている。

「サザエさんの声優のポジションを巡って争奪戦が起きているんです。幸か不幸か、『サザエさん』の声優らは皆、お年を召している人ばかり。あわよくば私が、自分が……とポストを狙っている人はゴマンといるんです。声優の仕事は数が限られている。その椅子取りゲームは想像を絶するバトルです」(芸能関係者)

 つい最近も69年の初回放送から46年間、磯野フネ役を務めてきた声優の麻生美代子(89)が9月いっぱいで“卒業”し、後任には劇団昴所属の女優・声優である寺内よりえ(62)の抜擢が発表されたばかりだ。

「何度もオーディションを開催し、決定するまでに相当の時間を要したようです。決まるまでは本当、大変だったとか」(別の関係者)

 磯野・フグ田家で放送開始以来、声優が変わらないのは、サザエ役の加藤みどり(75)と、タラオ役の貴家堂子(74)の2人のみだというが、声優陣を一新した「ドラえもん」もしかり。年齢的にもいつまでも現役というわけにはいかないだろう。そこを虎視眈々と狙っているのが芸人やタレント、役者だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  2. 2

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  5. 5

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  6. 6

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  7. 7

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

  10. 10

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

もっと見る