夢中なのは子供よりむしろ大人 「ポケモンGO」を街中ルポ

公開日:  更新日:

 ついに22日、配信が開始された「ポケモンGO」。米国などでは事故で死者も出る大騒ぎになっているが、日本は大丈夫なのか。日刊ゲンダイの記者もさっそく街中を歩いてみた――。

 曇り空で少し肌寒いお昼時の銀座に向かうと、買い物客でいっぱい。老若男女が集う銀座4丁目の交差点で信号待ちしていると、若者3人が何やらスマホの上で大きく手を動かし操作しているのが目に入った。「捕まえられなかったー」と悔しそうに話していたが、ポケモンGOに夢中だったようだ。

 よく見ると、信号待ちをする若者の多くがポケモンGOをプレーしている。歩行者用の信号が青になると、一斉に人が流れるが、若者たちは“ながらスマホ”状態で、フラフラと歩き出す。交差点の途中でポケモンを見つけた人は捕まえるために立ち止まり、赤信号になったことに気づかない。クラクションを鳴らされ、慌てて道を渡る場面もあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る