二階堂ふみ 「誰もいなくなった」の演技がイマイチな原因

公開日: 更新日:

「映画で主演を続け、バラエティーでも活躍し、“大物感”のある二階堂ですが、テレビでの実績はまだまだ。実力があるのに、それが発揮されていないイメージを受けるのでしょう。視聴者からは、“映画ではうまいのに演技がパッとしない”“期待外れ”との評価が多く、“大女優だと思って手を抜いているのではないか”というような意見がありました」(テレビ関係者)

■映画とドラマの違いが原因か

 二階堂はこれまで映画では血まみれ、泥まみれの役から華やかなヒロインまで、あらゆる役を演じ分け、「カメレオン女優」とまでいわれる若手随一の演技派女優。

 今ドラマでも、藤原が演じる、何者かに人生を乗っ取られる主人公の婚約者で、自らも闇の部分を抱えるという難役。初回から2話続けてキスシーンがあるなど、体当たり演技も要求されており、演じ甲斐は十分なはず。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  4. 4

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    ビートたけし略奪婚の結末 兄&姉は妻A子さん溺愛の不自然

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る