「刑事7人」で影薄く…愛之助は出遅れの“借り”を返せるか

公開日:  更新日:

 同じテレビ朝日系“水9”枠の「相棒」を超えると意気込んだにもかかわらず、不完全燃焼に終わった、東山紀之主演ドラマ「刑事7人」。捲土重来を期した第2シーズンも勢いがない。今クールは他のドラマが軒並み視聴率を落とす中、11%台(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をキープしているものの、「相棒」超えを目指すなら15%は欲しいところ。

 そんな番組の課題を象徴するのが片岡愛之助の立場だろう。大ヒットドラマ「半沢直樹」で証明したように「脇に置いたら最強の俳優」としての才能を生かし切れていない。第2シーズンでは「未来犯罪予測センター」というたった一人の謎の部署に異動させられており、“旧12係”の仲間と絡む機会が少なく、あまりにも影が薄いのだ。

「愛之助は7月まで、NHK大河ドラマ『真田丸』との掛け持ちが続いていて、『刑事7人』序盤は出番が抑えめになっていた。記者発表会も、本来は主演の東山のスケジュールを最優先するべきだったが、結局は愛之助のスケジュールに合わせてセッティングされるほど忙しかった。連続ドラマにとって大事な前半戦に戦力になれなかったのは痛い」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る