声のコンプレックス克服し…山本美月が狙う“”1番手”昇格

公開日:  更新日:

 前クール「OUR HOUSE」で大惨敗したフジテレビの日曜9時枠。今クールの「HOPE~期待ゼロの新入社員~」は、韓国で社会現象を巻き起こした大ヒット連続ドラマ「ミセン―未生―」を下敷きにしたヒューマンドラマで、ジャニーズを投入して盛り返しを図ったが、スタート3話の平均が6%台(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と早くも打ち切りの危機を迎えている。

「吉田羊との熱愛騒動が視聴率に影響している」とささやかれている主演の中島裕翔(Hey!Say!JUMP)や、「つまんないと言われたら俳優業を引退する」と公約してしまった遠藤憲一には焦りが見られるが、ヒロインの山本美月はなぜか元気いっぱいだという。

「これまでも主役ではなく“2番手”の位置につけて知名度を上げてきた山本は、今回もヒロインという役柄ではあってもあくまで2番手。視聴率の責任を負うことはないが、注目度は高いという気楽なポジション。“視聴率トップを取れたら水着写真集を出します”と大胆公約して話題になりましたが、水着写真集の“期待値”はゼロだと読み切った上の発言。リスクなしで話題をさらい、商売上手なところを印象づけました」(芸能ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る