• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

声のコンプレックス克服し…山本美月が狙う“”1番手”昇格

 前クール「OUR HOUSE」で大惨敗したフジテレビの日曜9時枠。今クールの「HOPE~期待ゼロの新入社員~」は、韓国で社会現象を巻き起こした大ヒット連続ドラマ「ミセン―未生―」を下敷きにしたヒューマンドラマで、ジャニーズを投入して盛り返しを図ったが、スタート3話の平均が6%台(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と早くも打ち切りの危機を迎えている。

「吉田羊との熱愛騒動が視聴率に影響している」とささやかれている主演の中島裕翔(Hey!Say!JUMP)や、「つまんないと言われたら俳優業を引退する」と公約してしまった遠藤憲一には焦りが見られるが、ヒロインの山本美月はなぜか元気いっぱいだという。

「これまでも主役ではなく“2番手”の位置につけて知名度を上げてきた山本は、今回もヒロインという役柄ではあってもあくまで2番手。視聴率の責任を負うことはないが、注目度は高いという気楽なポジション。“視聴率トップを取れたら水着写真集を出します”と大胆公約して話題になりましたが、水着写真集の“期待値”はゼロだと読み切った上の発言。リスクなしで話題をさらい、商売上手なところを印象づけました」(芸能ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  6. 6

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  9. 9

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  10. 10

    ファンも聞き飽きた 本田圭佑の“大風呂敷”惨敗した4年前も

もっと見る