日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

二階堂ふみ 「誰もいなくなった」の演技がイマイチな原因

 藤原竜也(34)の主演ドラマ「そして、誰もいなくなった」の視聴率の下落が甚だしい。

 初回こそ10.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とそこそこの数字だったのに、2話目で8.6%、3話目には7.2%まで落ち込んだ。ネットでは「これじゃ、『そして、誰も見なくなった』になっちゃう」と囁かれるほどの落ち込みぶりなのだ。

 出演者に対する評価も、視聴率の低下とともに下がっている。主演の藤原に対しては初回終了後、「さすが、藤原竜也」「安定感抜群の演技」とベタボメだったのに、3話目終了後には「藤原くんの演技のパターンっていつも同じじゃない?」など批判的意見も増えてきている。

 そんな主役の藤原以上に不評なのが、民放連ドラ初ヒロインの二階堂ふみ(21)。その“魔性”ぶりから、共演の伊野尾慧と急接近している印象を与えてしまい、ジャニーズファンを敵に回しただけでなく、ネットでは二階堂の演技に対して“手抜き説”が語られているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事