二階堂ふみ 「誰もいなくなった」の演技がイマイチな原因

公開日: 更新日:

 藤原竜也(34)の主演ドラマ「そして、誰もいなくなった」の視聴率の下落が甚だしい。

 初回こそ10.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とそこそこの数字だったのに、2話目で8.6%、3話目には7.2%まで落ち込んだ。ネットでは「これじゃ、『そして、誰も見なくなった』になっちゃう」と囁かれるほどの落ち込みぶりなのだ。

 出演者に対する評価も、視聴率の低下とともに下がっている。主演の藤原に対しては初回終了後、「さすが、藤原竜也」「安定感抜群の演技」とベタボメだったのに、3話目終了後には「藤原くんの演技のパターンっていつも同じじゃない?」など批判的意見も増えてきている。

 そんな主役の藤原以上に不評なのが、民放連ドラ初ヒロインの二階堂ふみ(21)。その“魔性”ぶりから、共演の伊野尾慧と急接近している印象を与えてしまい、ジャニーズファンを敵に回しただけでなく、ネットでは二階堂の演技に対して“手抜き説”が語られているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OBと官邸の黒幕

  2. 2

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  3. 3

    「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”

  4. 4

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  5. 5

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    子供の「買って買って病」に抜群に効くシンプルな方法!

  8. 8

    「馬毛島」を防衛省に売却 86歳老経営者の14年の“粘り腰”

  9. 9

    流行語大賞に!忘年会で使える「ラグビー用語の基礎知識」

  10. 10

    北朝鮮が「重大実験」発表 米との対立再燃“Xデー”は2.16か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る