• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

二階堂ふみ 「誰もいなくなった」の演技がイマイチな原因

 藤原竜也(34)の主演ドラマ「そして、誰もいなくなった」の視聴率の下落が甚だしい。

 初回こそ10.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とそこそこの数字だったのに、2話目で8.6%、3話目には7.2%まで落ち込んだ。ネットでは「これじゃ、『そして、誰も見なくなった』になっちゃう」と囁かれるほどの落ち込みぶりなのだ。

 出演者に対する評価も、視聴率の低下とともに下がっている。主演の藤原に対しては初回終了後、「さすが、藤原竜也」「安定感抜群の演技」とベタボメだったのに、3話目終了後には「藤原くんの演技のパターンっていつも同じじゃない?」など批判的意見も増えてきている。

 そんな主役の藤原以上に不評なのが、民放連ドラ初ヒロインの二階堂ふみ(21)。その“魔性”ぶりから、共演の伊野尾慧と急接近している印象を与えてしまい、ジャニーズファンを敵に回しただけでなく、ネットでは二階堂の演技に対して“手抜き説”が語られているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る