高音が出ず絶叫調…浜崎あゆみの“生歌”に嘆きと酷評の嵐

公開日: 更新日:

 最近は本業よりも私生活がニュースになることの多い歌手の浜崎あゆみ(37)。ひさびさに歌が話題になったと思ったら、生放送での歌声が“放送事故レベルだった”と酷評されている。

 19日放送の生特番「Mステ ウルトラ FES 2016」(テレビ朝日系)で浜崎が披露したのは、「M」「SEASONS」「evolution」と、いずれも代表曲の豪華ラインナップ。しかし、歌が始まってすぐ、ネット上には視聴者からの疑問の声が相次いだ。

 1曲目の「M」、2曲目の「SEASONS」では、サビで声が出づらくなるなど高音部分が不安定に。3曲目の「evolution」は、とうとう吠えるような歌い方になってしまい、サビの部分では音程すら感じられなかった。

 視聴者からは<歌唱力落ちたな。荒っぽい><絶叫で誤魔化してる>など、歌い方が丁寧ではないとする指摘が相次いだほか、<全盛期と声が違い過ぎる><もう野太い声しかでなくなったなあ>と、声質や音域の変化を嘆く声が殺到している。

 浜崎は近年、コンサートでは原曲よりも低いキーで歌を披露することが多くなっているほか、今回のMステでも一部でキーを下げていた。かつて、涼しい顔をして伸びやかな高音を出していた歌姫の“衰え”に悲しむファンは少なくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  8. 7

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  9. 8

    懲りない黒木瞳 まさかの映画監督2作目で名誉挽回なるか

  10. 9

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  11. 10

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

もっと見る