• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

国際結婚の謎 浜崎あゆみは本当に“バツ2”になったのか?

 民進党の蓮舫議員の二重国籍問題で、国籍変更や帰化申請の複雑さを改めて知った人も多い。

 最近も卓球の福原愛選手(27)が台湾男性と結婚したが、夫婦ともども国籍は元のままだと聞き、頭に「?」がたくさん浮かんだ人もいただろう。夫婦なのに、外国人と結婚しても「国籍が変わらない」とはどういうことなのか?

「国籍法では、婚姻届を提出すれば、配偶者である日本人の戸籍に外国人と婚姻した事実は記載されます。ただし、日本国民でない者が日本国籍を取得するには、国籍法第5条によって改めて帰化申請しなければなりません」(法務省担当者)

 この法的な仕組みは相手国もほぼ同じ。台湾人の男性(女性)と結婚したからといって、すぐに台湾人になれるわけではない。愛ちゃんが台湾で婚姻届を出さない限り、結婚は日本だけでしか通用しないことになる。悪い冗談だが、台湾でなら彼女は未婚なので、また別の男性と結婚できる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

もっと見る