国際結婚の謎 浜崎あゆみは本当に“バツ2”になったのか?

公開日:  更新日:

 民進党の蓮舫議員の二重国籍問題で、国籍変更や帰化申請の複雑さを改めて知った人も多い。

 最近も卓球の福原愛選手(27)が台湾男性と結婚したが、夫婦ともども国籍は元のままだと聞き、頭に「?」がたくさん浮かんだ人もいただろう。夫婦なのに、外国人と結婚しても「国籍が変わらない」とはどういうことなのか?

「国籍法では、婚姻届を提出すれば、配偶者である日本人の戸籍に外国人と婚姻した事実は記載されます。ただし、日本国民でない者が日本国籍を取得するには、国籍法第5条によって改めて帰化申請しなければなりません」(法務省担当者)

 この法的な仕組みは相手国もほぼ同じ。台湾人の男性(女性)と結婚したからといって、すぐに台湾人になれるわけではない。愛ちゃんが台湾で婚姻届を出さない限り、結婚は日本だけでしか通用しないことになる。悪い冗談だが、台湾でなら彼女は未婚なので、また別の男性と結婚できる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  10. 10

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

もっと見る