国際結婚の謎 浜崎あゆみは本当に“バツ2”になったのか?

公開日:  更新日:

 民進党の蓮舫議員の二重国籍問題で、国籍変更や帰化申請の複雑さを改めて知った人も多い。

 最近も卓球の福原愛選手(27)が台湾男性と結婚したが、夫婦ともども国籍は元のままだと聞き、頭に「?」がたくさん浮かんだ人もいただろう。夫婦なのに、外国人と結婚しても「国籍が変わらない」とはどういうことなのか?

「国籍法では、婚姻届を提出すれば、配偶者である日本人の戸籍に外国人と婚姻した事実は記載されます。ただし、日本国民でない者が日本国籍を取得するには、国籍法第5条によって改めて帰化申請しなければなりません」(法務省担当者)

 この法的な仕組みは相手国もほぼ同じ。台湾人の男性(女性)と結婚したからといって、すぐに台湾人になれるわけではない。愛ちゃんが台湾で婚姻届を出さない限り、結婚は日本だけでしか通用しないことになる。悪い冗談だが、台湾でなら彼女は未婚なので、また別の男性と結婚できる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る