日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

小泉今日子“反アンチエイジング”宣言に40代女性なぜ共感

 40歳以上の男性には「キョンキョン」でおなじみの女優・小泉今日子(50)の言葉が、大反響を呼んでいる。40代向け女性誌「GLOW」9月号での社会学者・上野千鶴子氏(68)との対談で飛び出したもので、上野氏が「アンチエイジングって言葉が大嫌いなんです」と切り出したところ、「私もです」と同調。思いを爆発させている。簡単に紹介しよう。

「ずっとアイドルの仕事をしてきて、30代の半ばくらいから『かわいい』って言われる中に、『若い!』という声が入ってくるようになって。これ違くない? 喜んじゃいけないんじゃない? って。……これ(美魔女現象)には抵抗しなきゃと。私は『中年の星』でいいんじゃないかと思ってます」

“小泉発言”はほかの雑誌にも転載されるほどの大反響で、「GLOW」9月号は22万部を完売したという。版元の宝島社はウハウハだが、ターゲットの40代女性といえば、エステや美容に余念がなくアンチエイジングの“虜”じゃなかったのか。医師で作家の米山公啓氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事