日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
中村竜太郎
著者のコラム一覧
中村竜太郎ジャーナリスト

1964年生まれ。大学卒業後、会社員を経て、95年から週刊文春で勤務。政治から芸能まで幅広いニュースを担当し、「NHKプロデューサー巨額横領事件」(04年)、「シャブ&ASKA」(14年)など数々のスクープを飛ばす。「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」では歴代最多、3度の大賞を受賞。2014年末に独立し、現在は月刊文藝春秋などで執筆中。フジテレビ「みんなのニュース」のレギュラーコメンテーター。

<第1回>実感した“週刊誌記者はゲスな嫌われ者”という現実

 先週末、私の初の単行本「スクープ! 週刊文春エース記者の取材メモ」(文芸春秋)を上梓した。本稿連載を加筆修正してまとめたものだが、20年間の週刊文春記者時代はスクープを必死で追いかけ、文字通り「汗かきベソかき」の毎日だった。

 シャブ&飛鳥、高倉健の養女、宇多田ヒカル、勝新太郎、北島康介などスターの肖像、さらにオウム事件、ルーシー・ブラックマン事件、9・11テロ事件、NHK紅白プロデューサー巨額詐欺事件、また「もっと読みたい」と読者の反響が大きかったホスト地獄も取り上げた。週刊誌の最前線ではいったいどんなことが起きているのか、ワクワクする興奮、ドキドキする緊張を体感していただけるはずだ。

 執筆中は当時の様子が思い返され、動悸が速くなり、正直どっと疲れることもあったが、いざ本になってみると感慨ひとしお、一人でも多くの方に読んで欲しいと願っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事