新アルバムが35万枚突破 宇多田ヒカル“初紅白”に現実味

公開日:  更新日:

 宇多田ヒカル(33)にとって8年半ぶり6枚目のオリジナルアルバム「Fantôme」(9月28日発売)の売り上げが好調だ。最新10月17日付オリコン週間アルバムランキング(3~9日集計)で前週に続いて2週連続で1位を獲得。累積ではすでに35万枚を突破している。

 久しぶりの新作でも変わらぬ存在感を発揮している宇多田。CD不況の日本の音楽業界でこの数字はリッパの一言。「これが売れなかったら日本の音楽界は終わっている」と言い切っていたという発言も伝わってくるだけに、自信たっぷりの会心作ということだろう。

 となると期待が膨らむのが年末のNHK紅白だ。これまで一度も出場していないが、今年は朝ドラ「とと姉ちゃん」の主題歌「花束を君に」を担当しているだけに可能性は十分。大晦日当日にNHKホールのステージに立つのは難しくとも、いま住んでいるロンドンからの中継や事前収録なら初出場もアリ!?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  7. 7

    上田慎一郎監督が語る 10年前の小説から「カメ止め」まで

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    史上最弱横綱・稀勢の里 引退した途端“英雄扱い”の違和感

  10. 10

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

もっと見る