• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

宇多田ヒカル新アルバム 人間活動後の“変化”専門家に聞く

 宇多田ヒカル(33)にとって8年半ぶり6枚目のオリジナルアルバム「Fantôme」が28日、発売された。さかのぼること6年ほど前、10年12月から音楽活動を休止し“人間活動”に専念してきた彼女がアーティストとして復活ののろしを上げる一枚だけに「どんなもんなのか?」と、その中身については多くの人が気になるところだろう。

 今夏にアルバム発売が発表され、まず物議を醸したのはタイトルとジャケットだった。フランス語で「幻」「亡霊」の意を持つ題名に、母である故・藤圭子を彷彿とさせる宇多田本人のおかっぱ頭とピンボケしたようなジャケ写が意味深だと話題を振りまいた。ちなみに、撮影はジュリアン・ミニョーなる仏在住の気鋭のカメラマンで、もちろん手元が狂ったわけではない。

 収録されている全11曲のうち、目玉はNHK朝ドラ「とと姉ちゃん」の主題歌である「花束を君に」と、日本テレビ系「ZERO」のエンディングテーマ「真夏の通り雨」の2曲。いずれも初CD化で亡き母への“ラブレター”ではないかといわれている。専門家はどう聞いたのか。音楽評論家の富澤一誠氏は、「活動休止前の宇多田とは明らかに歌い方が異なる」とし、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る