初紅白への期待も…宇多田ヒカルに「人間活動6年」の代償

公開日: 更新日:

 宇多田ヒカル(33)が19日、「ミュージックステーション ウルトラFES 30th」(テレビ朝日系)に出演。今年4月に約6年ぶりに音楽活動を再開してから初のテレビ出演ということで注目を集めたが、久々の表舞台は“人間活動”に専念していたブランクをいや応なく感じさせる内容だった。

 司会のタモリとのトークでは活動休止した理由について「こういう世界からとにかく離れたくて。いったんリセットしたいなと」と当時の心境を吐露。さらに「15歳からお仕事して遊んだ記憶がなかった」という宇多田は現在はロンドン在住で、「6年間、ほぼ歌ってなかった。水道代や電気代の払い方とか自分でやったり。年下の友達もできて青春っぽいものも経験したり」と“リア充”ライフも告白した。

 芸能界の汚濁からすっかり“漂白”されたその表情は、隣の会社にもいそうな30代女性そのもので、かつてのオーラは消滅。宇多田の後にスタジオで歌唱した浜崎あゆみ(37)とは良くも悪くも対照的だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  2. 2

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  3. 3

    高卒で異例の一軍帯同 広島小園をコーチ先輩“絶賛”の理由

  4. 4

    踏んだり蹴ったりZOZO前澤社長 “100億円豪邸”も建設中断か

  5. 5

    安倍首相は「自己愛型」か 9年前の動画“炎上”で識者が分析

  6. 6

    巨人・原監督に聞いた 指導未経験者を登用した真意

  7. 7

    自民に衝撃 参院選1人区「13勝19敗」予想で“W選”案急浮上

  8. 8

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  9. 9

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

  10. 10

    「なんかモヤモヤ」投稿で破局が噂される剛力彩芽の今後は

もっと見る