初紅白への期待も…宇多田ヒカルに「人間活動6年」の代償

公開日: 更新日:

 宇多田ヒカル(33)が19日、「ミュージックステーション ウルトラFES 30th」(テレビ朝日系)に出演。今年4月に約6年ぶりに音楽活動を再開してから初のテレビ出演ということで注目を集めたが、久々の表舞台は“人間活動”に専念していたブランクをいや応なく感じさせる内容だった。

 司会のタモリとのトークでは活動休止した理由について「こういう世界からとにかく離れたくて。いったんリセットしたいなと」と当時の心境を吐露。さらに「15歳からお仕事して遊んだ記憶がなかった」という宇多田は現在はロンドン在住で、「6年間、ほぼ歌ってなかった。水道代や電気代の払い方とか自分でやったり。年下の友達もできて青春っぽいものも経験したり」と“リア充”ライフも告白した。

 芸能界の汚濁からすっかり“漂白”されたその表情は、隣の会社にもいそうな30代女性そのもので、かつてのオーラは消滅。宇多田の後にスタジオで歌唱した浜崎あゆみ(37)とは良くも悪くも対照的だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  6. 6

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  7. 7

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  8. 8

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  9. 9

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  10. 10

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

もっと見る