• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初紅白への期待も…宇多田ヒカルに「人間活動6年」の代償

 宇多田ヒカル(33)が19日、「ミュージックステーション ウルトラFES 30th」(テレビ朝日系)に出演。今年4月に約6年ぶりに音楽活動を再開してから初のテレビ出演ということで注目を集めたが、久々の表舞台は“人間活動”に専念していたブランクをいや応なく感じさせる内容だった。

 司会のタモリとのトークでは活動休止した理由について「こういう世界からとにかく離れたくて。いったんリセットしたいなと」と当時の心境を吐露。さらに「15歳からお仕事して遊んだ記憶がなかった」という宇多田は現在はロンドン在住で、「6年間、ほぼ歌ってなかった。水道代や電気代の払い方とか自分でやったり。年下の友達もできて青春っぽいものも経験したり」と“リア充”ライフも告白した。

 芸能界の汚濁からすっかり“漂白”されたその表情は、隣の会社にもいそうな30代女性そのもので、かつてのオーラは消滅。宇多田の後にスタジオで歌唱した浜崎あゆみ(37)とは良くも悪くも対照的だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  2. 2

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  3. 3

    フリー転身説浮上 NHK桑子真帆アナに有働アナが“急接近”

  4. 4

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  5. 5

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  6. 6

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  7. 7

    お笑い界の“成功モデル”に?坊主頭の人気芸人が増えたナゾ

  8. 8

    タレントどもの“W杯便乗商法”はまだ始まったばかり

  9. 9

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  10. 10

    貴乃花一門“完全消滅”で「阿武松グループ」の処遇どうなる

もっと見る