離婚を4度 芸能リポーター城下尊之さんの“結婚観”とは

公開日: 更新日:

「家の白い壁にですね、ピューッと僕の鮮血が飛び散ったこともあります」と笑うのは、芸能リポーターの城下尊之さん(60)。実は4度の離婚歴がある。そして修羅場も……。

 ◇  ◇  ◇

 あれは3度目の結婚のとき、「家に帰るのが遅い」などと言っては、よく夫婦喧嘩になっていたんですけど、このとき僕はなぜかふっと妻から視線を外してしまったんですね。それで、ガラスの大きな灰皿を投げたのが目に入らず、左の側頭部を直撃。流血し、壁が真っ赤に染まっていきました。もちろん大変な事態ではありましたけど、僕も妻も慣れたもので、僕は電話を取って119番通報、妻は雑巾を持ってきて、すぐに拭き掃除を始めたのを覚えています。

 この妻はモデルでした。いわゆるデキちゃった婚で、39歳にして初めて家族をもった僕は、過去2回の失敗から「好きなようにすればいいよ」と相手を放任していた。僕の注文はただひとつ、仕事には口を出さないで欲しいというものでしたけれど、サラリーマンのように定時などなく、朝まで張り込みなんて当たり前、数日家に帰れないことも珍しくありませんでしたから、妻にしてみればフラストレーションがたまる一方だったのでしょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  4. 4

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  5. 5

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  6. 6

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  7. 7

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  8. 8

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  9. 9

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  10. 10

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

もっと見る