離婚を4度 芸能リポーター城下尊之さんの“結婚観”とは

公開日:

「家の白い壁にですね、ピューッと僕の鮮血が飛び散ったこともあります」と笑うのは、芸能リポーターの城下尊之さん(60)。実は4度の離婚歴がある。そして修羅場も……。

 ◇  ◇  ◇

 あれは3度目の結婚のとき、「家に帰るのが遅い」などと言っては、よく夫婦喧嘩になっていたんですけど、このとき僕はなぜかふっと妻から視線を外してしまったんですね。それで、ガラスの大きな灰皿を投げたのが目に入らず、左の側頭部を直撃。流血し、壁が真っ赤に染まっていきました。もちろん大変な事態ではありましたけど、僕も妻も慣れたもので、僕は電話を取って119番通報、妻は雑巾を持ってきて、すぐに拭き掃除を始めたのを覚えています。

 この妻はモデルでした。いわゆるデキちゃった婚で、39歳にして初めて家族をもった僕は、過去2回の失敗から「好きなようにすればいいよ」と相手を放任していた。僕の注文はただひとつ、仕事には口を出さないで欲しいというものでしたけれど、サラリーマンのように定時などなく、朝まで張り込みなんて当たり前、数日家に帰れないことも珍しくありませんでしたから、妻にしてみればフラストレーションがたまる一方だったのでしょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

もっと見る