自身も“修羅場”2度 離婚カウンセラー岡野あつこさん語る

公開日:  更新日:

「数多くの夫婦の離婚相談をする中で私も学んだのは、後にもめないよう、いろいろ決め事も必要ってことなの」と話すのは、離婚カウンセラーの岡野あつこさん(62)。これまで夫婦関係に悩む人々から受けた相談は3万件以上、テレビやラジオのコメンテーターとしても活躍するが、自身も過去に2度の離婚を経験している。

   ◇   ◇   ◇

 2人目の夫が離婚を切り出してきたとき、来るべき時が来たかと思いつつも冷静に対応している自分がいた。東日本大震災直後の2011年5月、出会いから半年での再婚。それから約3年、一日でも結婚生活を永らえようとスーパーのレジ袋から長ネギをのぞかせ、昼間からすき焼きをつくったりして周りに「らしくない」と言われてきた。相手は24歳年下の若いイケメン。そう、価値観も何も違いすぎたのです。

 再婚当時、私は56歳。出会ったとき、グッチのコートをまとう姿が格好良く、すぐにのめり込んじゃったけど、籍を入れたいとまでは望まなかった。でもあの震災で、ひとりで死んじゃったら嫌だと思ったとき、真っ先に浮かんだのがその相手の顔だった。ひたすら子育てと仕事に費やしてきた人生ももう後半戦。50代のうちにはっちゃけたくなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る