日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

自身も“修羅場”2度 離婚カウンセラー岡野あつこさん語る

「数多くの夫婦の離婚相談をする中で私も学んだのは、後にもめないよう、いろいろ決め事も必要ってことなの」と話すのは、離婚カウンセラーの岡野あつこさん(62)。これまで夫婦関係に悩む人々から受けた相談は3万件以上、テレビやラジオのコメンテーターとしても活躍するが、自身も過去に2度の離婚を経験している。

   ◇   ◇   ◇

 2人目の夫が離婚を切り出してきたとき、来るべき時が来たかと思いつつも冷静に対応している自分がいた。東日本大震災直後の2011年5月、出会いから半年での再婚。それから約3年、一日でも結婚生活を永らえようとスーパーのレジ袋から長ネギをのぞかせ、昼間からすき焼きをつくったりして周りに「らしくない」と言われてきた。相手は24歳年下の若いイケメン。そう、価値観も何も違いすぎたのです。

 再婚当時、私は56歳。出会ったとき、グッチのコートをまとう姿が格好良く、すぐにのめり込んじゃったけど、籍を入れたいとまでは望まなかった。でもあの震災で、ひとりで死んじゃったら嫌だと思ったとき、真っ先に浮かんだのがその相手の顔だった。ひたすら子育てと仕事に費やしてきた人生ももう後半戦。50代のうちにはっちゃけたくなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事