TOKIO山口の離婚会見も ジャニーズの周到“イメージ戦略”

公開日:  更新日:

「実に計算ずく」「あざとい」との声も上がっている、ジャニーズのタレントで、初の離婚会見として注目されたTOKIO山口達也(44)の会見。

「2008年に結婚した時にもみなさまの前でご報告させていただいたので、今回もみなさまの前でご報告させていただきます。8月5日本日、私、山口達也は離婚をいたしました」

 山口はそう切り出し、5歳年下の元モデルの夫人と3年前から離婚へ向けた話し合いをしてきて、今年4月から別居をしていたことなどを語った。これを芸能マスコミは「人柄見えた」「絶賛の声」「円満離婚」などとこぞって持ち上げ、結果的に山口は株を上げたことになっている。

「ジャニーズが会見を午後2時スタートとしたのは、午後のワイドショーが生中継できるように。山口のファンは30~40代の主婦層ですから、そこへダイレクトにメッセージを送ろうという狙いだったと思います。しかも、今はただでさえ夏のネタ枯れの時期。最近は、FAXやブログでの発表で済ませる芸能人が多い中で、離婚で会見を開き、さらに人気グループのメンバーだぞ、とマスコミに恩を売る意味もあるでしょう。そうすれば、好意的に扱ってくれるのではという作戦がピタリとはまった印象です」と、ベテランの芸能ライターは言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る