• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

1月は物語が脇道へ 「べっぴんさん」視聴率ブレーキ懸念

 NHK朝ドラ「べっぴんさん」の視聴率は相変わらず好調だが、またまたダッチロールしているという声が上がっている。

 物語のモデルは、戦前にお嬢さまだったヒロインが友人3人と創業した神戸のベビー・子供服メーカーで、名門企業に成長させる姿を描いている。芳根京子(19)演じるヒロインのすみれだが、ここ何話かすみれの娘さくら(井頭愛海)の反抗期の話が中心で、物語がヨレているのだ。ドラマウオッチャーが語る。

「前半で、創業メンバーの4人の女子会のようなエピソードが続いてどうなることやらと思ったのですが、その後はお店『キアリス』がデパートに出店して成長する様子が描かれ、テンポよく進んでいました。ところが、1月に入って、思春期のさくらがプロのドラマーを目指す二郎にのめり込んで盛り場に出入りする話がメーンになっている。視聴者の中には、また話がヨレたと感じている人も多いはずです」

 今週は戦後の一時期すみれとさくらを支え、アパレルで成功する栄輔が登場して波乱含みの展開に。これがどう転ぶかは興味深いが……。平均視聴率は20%を超えているが、今のままなら急ブレーキがかかるかも?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  4. 4

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  7. 7

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  8. 8

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

  9. 9

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  10. 10

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

もっと見る