年間ドラマ視聴率TOP5に3本 「朝ドラ」強しはどこに要因

公開日: 更新日:

 朝ドラ「べっぴんさん」(NHK)が、ここにきて視聴率を上げている。7日は22.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)と、番組最高を記録して絶好調。今週は「商いの聖地へ」と題し、ヒロイン・すみれ芳根京子)ら女性たちが地道に作ってきた子供洋品がいよいよ百貨店に出店され、客が来ない日が続く状況から、一転して大勢押し寄せるという展開だった。

 それにしても朝ドラ強し。今年のドラマ視聴率トップ5では1位「あさが来た」27.0%、2位「とと姉ちゃん」25.9%、3位「ドクターX」、4位「べっぴんさん」、5位「真田丸」で朝ドラが3本ランクイン。

 視聴習慣もあるだろうが、朝ドラが決して外さない要因は何なのか。作家の松野大介氏はこう分析する。

「『べっぴんさん』と前作の『とと姉ちゃん』は“物作り”というテーマが大きいのでは。高畑充希がヒロインの『とと姉ちゃん』は日本で初めて創刊された主婦向け雑誌作り、『べっぴんさん』は戦後になるまでなかった新しい子供服作り。ちなみに14年から15年にかけて放送された『マッサン』も日本になかったウイスキー造りがテーマでした。そういえば、大ヒットドラマ『下町ロケット』も典型的な物作りドラマですね」

 ちなみに、有村架純がヒロインの次の「ひよっこ」は、東京五輪の64年に集団就職で上京し、成長していく物語。路線が異なるが、果たしてどうなるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    草津町議だった新井祥子さん 性的被害告発でリコール失職、海外メディアも注目したその後は…

  2. 2

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  3. 3

    【競泳】無冠の瀬戸大也が現役続行 今後は海外でコツコツと賞金稼ぎの旅

  4. 4

    「水泳ニッポン」自国開催で大惨敗…瀬戸不振、日本水連の甘さ、平井HCの処遇に影響も

  5. 5

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  6. 6

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  7. 7

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  8. 8

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

  9. 9

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

  10. 10

    小山田圭吾、小林賢太郎、竹中直人…開会式辞任ドミノ「吉本興業」に衝撃走る

もっと見る