バートン監督メロメロ 松井愛莉が“女版ジョニデ”目指す?

公開日: 更新日:

 普段の元気印のイメージとは打って変わって、黒ずくめの妖艶なコスプレを披露したのは、モデルで女優の松井愛莉(20)だ。

 31日に行われたティム・バートン監督(58)の最新作「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」(2月3日公開)の来日会見にゲストとして登壇。この日は劇中に登場する主人公のミス・ペレグリンと同じ衣装を着ていたのだが、バートン監督の創作意欲をすこぶるかき立てたようで、「日本版の『ミス・ペレグリン』を撮りたい。今すぐ日本版を撮ろう!」と、ノリノリ発言を引き出したのだった。

「アリス・イン・ワンダーランド」や「チャーリーとチョコレート工場」など独創的なビジュアルや奇抜なキャラクターを用い、ダークファンタジーの世界を描いてきたバートン監督。白塗りが世界一似合う俳優としてジョニー・デップを世に知らしめ、今作の主演女優、エヴァ・グリーンについても「ジョニーと同じようにいろいろな役が演じられる。彼らのように謎めいた部分やミステリアスな部分が表現できる役者は少ないと思う」と改めて評価していた。

 そんな、世界のバートン監督をメロメロにした松井は演技経験こそ乏しいものの、ティーン誌の専属モデル出身で、「山本美月三吉彩花に次ぐネクストブレークのひとり」(アイドルライター)として注目の美女。白塗りメークで目指すは女版ジョニデか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  2. 2

    最下位低迷で待ったなし 虎が今オフ粛清するベテラン選手

  3. 3

    東出昌大の好感度 渡部建や優樹菜の不倫報道で“V字回復”か

  4. 4

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  5. 5

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  6. 6

    “長嶋超え”と大騒ぎ 原監督「歴代2位1035勝」の本当の価値

  7. 7

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  8. 8

    年金暮らしなのに「本家」のプライドで毎月9万円の赤字が

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

もっと見る