才女がひもとく 交響曲「レニングラード」の歴史と真実

公開日: 更新日:

 クラシック好きは見逃せない番組だ。25日17時からBSフジで放送されるドキュメンタリー「レニングラード 女神が奏でた交響曲」。通称「レニングラード」とも呼ばれるショスタコービッチ作曲の「交響曲第7番」が1942年、ナチスドイツに包囲された旧ソ連の古都・レニングラード(現サンクトペテルブルク)で演奏されるに至った歴史的背景を丁寧に紡ぐ。

 戦時中、すべてのライフラインが断たれ、100万人もの市民が餓死・凍死したともいわれるレニングラード。この悲劇は語り継がれ、ロシアでは知られた話だが、われわれには馴染みがない。資料や当時を知る人々の証言をもとに真実に迫る内容は見応え十分。

 企画・主演・プロデュースを務めた出版プロデューサーの冴木綾乃氏はこう言う。

「“7番”の誕生から初演に至った軌跡に加え、美しい建造物や街並みも見どころのひとつ。紀行番組としても楽しんでいただけるとうれしいです」

 才女が歩く、雪化粧をした「北のベネチア」の街並みがすこぶる美しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  7. 7

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  8. 8

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  9. 9

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る