日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

後援会も認めた 藤原紀香が歩む“ニュータイプ梨園妻”の道

 結婚して約1年、芸能活動を再開した藤原紀香(45)が意気軒高だ。三宅裕司の舞台会見では深いスリットの入ったセクシードレス、翌日にはゴディバのイベントにこれまた巨乳とボディーラインが目立つピンクのドレスで登壇。胸を潰して和服に草履姿の“梨園の妻”の時とは大違いである。

 紀香は昨年、片岡愛之助(45)との結婚会見の際に「子供を産みたい」と発言してひんしゅくを買ったのは記憶に新しいところ。引退して夫を支えるどころかセクシードレスで表舞台を跳びはねる姿に眉をひそめる梨園関係者も少なくないはずだ。「ところがです」と、芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「最近急に仕事に精力的になっているのは、愛之助の後援会、贔屓筋からも認められたからともっぱらなのです。若いタレントなら引退して家に入るのが当たり前ですが、紀香さんのキャリア、ネームバリューを考慮した上での寛容な判断が後援会の方たちにもあると聞いています。この1年、梨園の妻にウエートを置き周囲にも受け入れられ、ようやく肩の荷が下りた感じですね。おかげで今までの紀香さんらしい仕事ができるうえに『梨園の妻』というブランドもプラスされ、今が人生最高潮だと思います」

 舞台は6月の1カ月間。これから稽古にも入り、当分“妊活”もおあずけだが、何かとうるさい後援会にも受け入れてもらい、ニュータイプの梨園の妻へと進化。やっぱり紀香には谷間とハイヒールがよく似合う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事