日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

キムタクが新境地 映画「無限の住人」のホントの見どころ

 連ドラの次はスクリーンでソロデビュー。主演映画「無限の住人」(ワーナー・ブラザース映画配給)の公開を来月29日に控え、引き続き、木村拓哉(44)に注目が集まっている。

 自身初のドクター役に挑んだ「A LIFE~愛しき人~」(TBS系)は最終回(19日放送)で同作最高値の視聴率16.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をはじき出し、1月期クールナンバーワン視聴率ドラマに導いた。浅野忠信(43)や松山ケンイチ(32)といった脇役の力も拝借し、“人気俳優”の面目を保ったわけだ。

 そんな勢いづくキムタクの新作映画は、沙村広明原作の人気コミックを映像化した時代劇アクション。SMAP解散騒動の渦中に撮影していたことでも話題になった。メガホンを取ったのは、三池崇史監督。奇抜な衣装の登場人物たちが風変わりな武器を操る超常的なストーリーに、エグさを際立たせる演出を施した三池ワールド全開の作品だ。キムタクが演じるのは不老不死の肉体を持つ独眼剣士で、〈“ぶった斬り”エンタテイメント〉という売り文句どおり、剣客集団と壮絶な戦いを繰り広げる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事