低視聴率も高評価 ドラマ「カルテット」は歴史を変えるか

公開日: 更新日:

 21日最終回を迎えた「カルテット」(TBS系)は、不思議なドラマだった。

 その日の放送終了直後から公式ツイッターには称賛のコメントが次々と書きこまれ、カレンダーや時計が展開とずれていたときは、その謎解きでネットは大いに盛り上がっていた(実際は制作側の単純なミス)。話題性は十分だったのだ。

 それでも視聴率は低空飛行を続け、最終回直前までの平均は8・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。社会現象となった「逃げ恥」と同じ枠だったにもかかわらず、初回から2ケタに届かなかった。ギャップが大きいのである。

 コラムニストの桧山珠美氏は、「間違いなく今期のドラマでナンバーワン。話題になった“時間のミス”は、間違いを指摘できるほど繰り返し見た人たちがいたということです。ただ、坂元裕二さんの脚本は『最高の離婚』などもそうでしたが、あまり大衆受けしません。『カルテット』も、まったく見ていない人に面白さを伝えるのが難しい作品です。『逃げ恥』のように“ダンス”とか“ガッキーが可愛い”とか、分かりやすいキーワードがない。ミーハーを排除してしまうようなところがある」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  9. 9

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  10. 10

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る