• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

低視聴率も高評価 ドラマ「カルテット」は歴史を変えるか

 21日最終回を迎えた「カルテット」(TBS系)は、不思議なドラマだった。

 その日の放送終了直後から公式ツイッターには称賛のコメントが次々と書きこまれ、カレンダーや時計が展開とずれていたときは、その謎解きでネットは大いに盛り上がっていた(実際は制作側の単純なミス)。話題性は十分だったのだ。

 それでも視聴率は低空飛行を続け、最終回直前までの平均は8・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。社会現象となった「逃げ恥」と同じ枠だったにもかかわらず、初回から2ケタに届かなかった。ギャップが大きいのである。

 コラムニストの桧山珠美氏は、「間違いなく今期のドラマでナンバーワン。話題になった“時間のミス”は、間違いを指摘できるほど繰り返し見た人たちがいたということです。ただ、坂元裕二さんの脚本は『最高の離婚』などもそうでしたが、あまり大衆受けしません。『カルテット』も、まったく見ていない人に面白さを伝えるのが難しい作品です。『逃げ恥』のように“ダンス”とか“ガッキーが可愛い”とか、分かりやすいキーワードがない。ミーハーを排除してしまうようなところがある」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る