鈴木紗理奈が快挙 “二匹目のどじょう”狙う上西小百合議員

公開日: 更新日:

 バラエティータレントやレゲエ歌手の顔を持つ鈴木紗理奈(40)が、まさかの「役者」で女を上げた。スペイン・マドリード国際映画祭で初主演映画「キセキの葉書」(ジャッキー・ウー監督、8月19日から関西先行上映)での演技が評価され、最優秀外国映画主演女優賞をゲットしたのだ。

 同映画祭は2012年に新設されたばかりで歴史が浅く、カンヌ、ベネチア、ベルリンの3大映画祭に比べたら知名度も低い。だが、紛れもなくタイトルはタイトルだ。本人にとっては映画デビュー作「岸和田少年愚連隊 血煙り純情篇」(1997年)で日本映画プロフェッショナル大賞の新人奨励賞以来の受賞。同賞の実行委員長を務める大高宏雄氏は、女優・鈴木紗理奈のポテンシャルについてこう話す。

「世間的にはやや軽いノリのタレントのイメージがあるが、当時から女優志向が強く、演技に貪欲さを感じた。生きがよく、強気の中に純情さやかれんさもあった。また、大阪出身らしく、威勢のいい関西弁がポンポンと飛び出して存在感を発揮。『キセキ――』もそういった鈴木の土台にあった演技力がさらに熟成され、審査員の心を突き動かしたのではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  5. 5

    SMAP独立騒動舞台裏…メリー氏は文春誌上で独自理論を展開

  6. 6

    綾瀬はるか“新・視聴率の女王”確実も…恋愛成就を危ぶむ声

  7. 7

    自公議員が銀座でハシゴ酒…芸能人は“音沙汰なし”のナゼ

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  10. 10

    羽生と決別か…オーサー氏が中国人選手の指導に熱心な理由

もっと見る