上西小百合議員にJ浦和サポから殺害予告 直接話し合いへ

公開日:  更新日:

 上西小百合衆院議員(34)がツイッターへの投稿が原因で殺害予告を受けた。

 上西氏は15日に行われたサッカー・浦和―ドルトムント戦について「浦和酷い負けかた。親善試合は遊びなのかな」と投稿。これに浦和のサポーターが反発すると、「なんかブーブー言ってる」「サッカーの応援しているだけのくせに、なんかやった気になってるのムカつく。他人に自分の人生乗っけてんじゃねよ」と挑発した。

 まさに火に油を注ぐ投稿にツイッターは大炎上。議員事務所などにファクスとメールで計10通、「ぶっ殺す」「刺し殺す」などの殺害予告が届いていることを17日、上西氏本人が明かした。

 上西氏は一部スポーツ紙で「国会や政治についてではなく、一ファンとして普通にサッカーの感想を書き込んだだけなのに」と釈明。議員事務所は今後の政務に支障を来しかねないとして、18日、浦和レッズの事務所と協議する方針だ。上西氏がサポーターと直接話し合う場を設ける方向という。

 上西氏は当選当時「浪速のエリカ様」ともてはやされたが、その後はトラブルつづき。大阪維新の会を除名されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    “坂道”相手に写真集健闘 石田ゆり子は「寄る年波」も武器

  10. 10

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

もっと見る