いまや官公庁御用達タレント CM話題の壇蜜“快進撃”のワケ

公開日:

 環境省が26日、省エネ住宅のPRキャラクターにタレントの壇蜜(36)を起用することを決めた。省エネ住宅のキーワードである「“断(だん)”熱」と「高気“密(みつ)”」が名前に入っているからというが……。

「NHKなどで社会問題についてパネリストやコメンテーターをされており、社会問題にも造詣が深いというところもポイントになりました」(環境省担当者)

 壇蜜といえば、今月、宮城県の観光PR動画に出演したのだが、内容がエロすぎて「女性参画を阻む」「ゲスい」と批判の的になったばかり。ところがユーチューブの視聴回数は230万回を超え、宮城県知事は「賛否両論あったことが逆に成功につながっているんじゃないか」と動画配信を続行。実績で批判を抑え込んだ形だ。今や官公庁“御用達”のエロタレントになっている。

 芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る