いまや官公庁御用達タレント CM話題の壇蜜“快進撃”のワケ

公開日: 更新日:

 環境省が26日、省エネ住宅のPRキャラクターにタレントの壇蜜(36)を起用することを決めた。省エネ住宅のキーワードである「“断(だん)”熱」と「高気“密(みつ)”」が名前に入っているからというが……。

「NHKなどで社会問題についてパネリストやコメンテーターをされており、社会問題にも造詣が深いというところもポイントになりました」(環境省担当者)

 壇蜜といえば、今月、宮城県の観光PR動画に出演したのだが、内容がエロすぎて「女性参画を阻む」「ゲスい」と批判の的になったばかり。ところがユーチューブの視聴回数は230万回を超え、宮城県知事は「賛否両論あったことが逆に成功につながっているんじゃないか」と動画配信を続行。実績で批判を抑え込んだ形だ。今や官公庁“御用達”のエロタレントになっている。

 芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  5. 5

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  6. 6

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  7. 7

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る