日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

いまや官公庁御用達タレント CM話題の壇蜜“快進撃”のワケ

 環境省が26日、省エネ住宅のPRキャラクターにタレントの壇蜜(36)を起用することを決めた。省エネ住宅のキーワードである「“断(だん)”熱」と「高気“密(みつ)”」が名前に入っているからというが……。

「NHKなどで社会問題についてパネリストやコメンテーターをされており、社会問題にも造詣が深いというところもポイントになりました」(環境省担当者)

 壇蜜といえば、今月、宮城県の観光PR動画に出演したのだが、内容がエロすぎて「女性参画を阻む」「ゲスい」と批判の的になったばかり。ところがユーチューブの視聴回数は230万回を超え、宮城県知事は「賛否両論あったことが逆に成功につながっているんじゃないか」と動画配信を続行。実績で批判を抑え込んだ形だ。今や官公庁“御用達”のエロタレントになっている。

 芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事