事件から1年…高畑淳子が口にした「言えないこと」の中身

公開日: 更新日:

 高畑裕太(23)が強姦致傷容疑で逮捕されてから来月で1年――。母親で女優の高畑淳子(62)が一連の報道に対する不満を口にし、波紋を広げている。高畑はテレビでも中継された涙の謝罪会見の後、公ではノーコメントを通してきたが、このほど行われた主演舞台「土佐堀川」の会見後、こう言ったのだ。

「たくさんの方にご迷惑をお掛けし申し訳なく思っていますが、事実でない報道をされて、それをご修正にならないことに疑問を感じております」

 事件は、裕太が群馬県内のホテルで性的暴行しケガを負わせたとされた従業員女性と示談が成立、裕太は不起訴処分となった。これを高畑は納得しておらず、「毎晩2時間ぐらい、1人記者会見をしています。言えないことが多かったので、余計に腹が立つんですよね」などと、まくし立てたのである。では、「事実でない報道」とは、「言えないこと」とは何なのか。ベテラン芸能記者、青山佳裕氏は言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  3. 3

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  4. 4

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  5. 5

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    フリーアナ古瀬絵理さんが酔うと…捕獲された宇宙人に?

  8. 8

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  9. 9

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  10. 10

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

もっと見る