• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

<105>終戦後、政府の初仕事は慰安所設営という下衆の極み

井筒和幸監督(C)日刊ゲンダイ

 天皇の声で終戦のラジオ放送があったその日、国民は泣いたり、ホッとしたり、怒ったり、はたまた喜んだりと人それぞれだっただろう。呆然自失、気が抜け、しばらく寝込んだ人もいたと聞いたが、戦後生まれの我らにはどうもリアルな想像がつかない。

 大国アメリカを…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事