• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

レギュラー7本も 寄席の合間にテレビやラジオの生放送

林家三平(C)共同通信社

 米丸はラジオで演じる新作落語を作るにあたって、とにかく身近なものを題材にしたネタを心掛けた。ヒントになったのが古典落語の「相撲風景」で、大相撲の観客をスケッチしたネタだ。

「起承転結のある一席の噺を何本も作るのは難しいでしょ。でも『相撲風景』のよう…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事