登美丘高ダンス部 伊原六花の芸能界入りはバブルか実力か

公開日:  更新日:

 郷ひろみのバックで踊った“バブリーダンス”で話題をさらった大阪府立登美丘高校ダンス部。そのキャプテン、林沙耶(18)が高校卒業後、芸能界に入ることが決定。すでに昨年10月、広瀬すず(19)らが所属する芸能プロダクション・フォスターと契約、芸名を“伊原六花”として活動するという。

 例のバブリーダンスがYouTubeで話題になって数カ月の急展開。まさに昨年のピコ太郎に続く、“登美丘バブル”である。

 伊原は子役の経験もあり、今後は女優として活動していくというが、ネット上では「おだてられて調子に乗ってしまったのでは」という心配の声も。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「ダンスを足がかりにチャンスをつかんだという点でラッキーと言えます。踊りでセンターを張るぐらいですから、根性もあるはず。子役を経た彼女にとってはセカンドチャンスですから頑張るでしょう。事務所も大きいですし、彼女の演技力も評価してのスカウトでしょうから、光るものがあるのは確か。ただ、芸能界はそれ以上に厳しいですし、事務所の力も影響します。この先どうなるかは未知数です」

 バブルか実力かわかるのはこれからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  6. 6

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  7. 7

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  8. 8

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  9. 9

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  10. 10

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

もっと見る