登美丘高ダンス部 伊原六花の芸能界入りはバブルか実力か

公開日:  更新日:

 郷ひろみのバックで踊った“バブリーダンス”で話題をさらった大阪府立登美丘高校ダンス部。そのキャプテン、林沙耶(18)が高校卒業後、芸能界に入ることが決定。すでに昨年10月、広瀬すず(19)らが所属する芸能プロダクション・フォスターと契約、芸名を“伊原六花”として活動するという。

 例のバブリーダンスがYouTubeで話題になって数カ月の急展開。まさに昨年のピコ太郎に続く、“登美丘バブル”である。

 伊原は子役の経験もあり、今後は女優として活動していくというが、ネット上では「おだてられて調子に乗ってしまったのでは」という心配の声も。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「ダンスを足がかりにチャンスをつかんだという点でラッキーと言えます。踊りでセンターを張るぐらいですから、根性もあるはず。子役を経た彼女にとってはセカンドチャンスですから頑張るでしょう。事務所も大きいですし、彼女の演技力も評価してのスカウトでしょうから、光るものがあるのは確か。ただ、芸能界はそれ以上に厳しいですし、事務所の力も影響します。この先どうなるかは未知数です」

 バブルか実力かわかるのはこれからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る