「バブルに若者憧れ」と学者 荻野目洋子が再人気のワケ

公開日:

 昨年がピコ太郎なら、今年は荻野目洋子(49)か。荻野目の1985年のヒット曲「ダンシング・ヒーロー」が再び脚光を浴びている。

 きっかけは高校ダンス部日本一を決めるこの夏の大会で準優勝の大阪府立登美丘高がBGMに使用したこと。それが話題になり、芸人平野ノラ(39)のバブルネタを彷彿とさせる衣装と相まって若い世代に瞬く間に拡散。動画サイトの再生回数は1000万を超える勢いで、登美丘高校ダンス部は大晦日のNHK紅白にもゲスト出演が決まった。

 思春期の長女ら3女の母親でもある荻野目は「当時を知らない娘たちの世代にこの曲を聞いてもらえてうれしい」などとTVでコメントしているが、当時を知る中高年世代にしてみれば、懐かしい記憶と共になぜ今、バブル時代のヒット曲なのか? と不思議に思うのではないか。

 著書に「アイドル進化論」などのある社会学者、太田省一氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る