「バブルに若者憧れ」と学者 荻野目洋子が再人気のワケ

公開日: 更新日:

 昨年がピコ太郎なら、今年は荻野目洋子(49)か。荻野目の1985年のヒット曲「ダンシング・ヒーロー」が再び脚光を浴びている。

 きっかけは高校ダンス部日本一を決めるこの夏の大会で準優勝の大阪府立登美丘高がBGMに使用したこと。それが話題になり、芸人平野ノラ(39)のバブルネタを彷彿とさせる衣装と相まって若い世代に瞬く間に拡散。動画サイトの再生回数は1000万を超える勢いで、登美丘高校ダンス部は大晦日のNHK紅白にもゲスト出演が決まった。

 思春期の長女ら3女の母親でもある荻野目は「当時を知らない娘たちの世代にこの曲を聞いてもらえてうれしい」などとTVでコメントしているが、当時を知る中高年世代にしてみれば、懐かしい記憶と共になぜ今、バブル時代のヒット曲なのか? と不思議に思うのではないか。

 著書に「アイドル進化論」などのある社会学者、太田省一氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

  2. 2
    「ねえ、あなた。2人で住み込みの管理員をしましょうか」と妻が言い出した

    「ねえ、あなた。2人で住み込みの管理員をしましょうか」と妻が言い出した

  3. 3
    東大刺傷事件 逮捕の17歳少年が「勉強」と題しつづった卒業文集と意外な家庭環境

    東大刺傷事件 逮捕の17歳少年が「勉強」と題しつづった卒業文集と意外な家庭環境

  4. 4
    「ジョブチューン」で有名シェフが難クセ炎上 コンビニ商品の品質はもはやプロの味をしのぐ

    「ジョブチューン」で有名シェフが難クセ炎上 コンビニ商品の品質はもはやプロの味をしのぐ

  5. 5
    黒木華「ゴシップ」低迷で…気になる野村周平の「女ども」発言の影響

    黒木華「ゴシップ」低迷で…気になる野村周平の「女ども」発言の影響

もっと見る

  1. 6
    Netflix「新聞記者」海外でも高評価 現実と同じ不祥事描写に安倍夫妻“真っ青”

    Netflix「新聞記者」海外でも高評価 現実と同じ不祥事描写に安倍夫妻“真っ青”

  2. 7
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  3. 8
    嵐・松本潤ファンが驚いた映画大ヒットと超細身「スーツのサイズは女性の7号?」

    嵐・松本潤ファンが驚いた映画大ヒットと超細身「スーツのサイズは女性の7号?」

  4. 9
    まさに「老害」…“社長キラー”と呼ばれた旭化成の宮崎輝

    まさに「老害」…“社長キラー”と呼ばれた旭化成の宮崎輝

  5. 10
    東大刺傷事件で逮捕された少年は医学部志望 “神童”でも苦悩しもがく超難関校の過酷

    東大刺傷事件で逮捕された少年は医学部志望 “神童”でも苦悩しもがく超難関校の過酷