篠原涼子の仇取れるか 月9初主演の芳根京子にかかる重圧

公開日: 更新日:

 民放各局の新ドラマが続々とスタートする中、早くも苦戦が予想されているのが、フジテレビの月9ドラマ「海月姫」だという。

「正直、主演を務める芳根京子(20)はまだまだ月9の主演を張れる“格”じゃない。その周囲を固める共演者もスケジュールが空いていたからたまたま出た感じ。制作サイドとしては“苦肉の企画”だったそうです」(フジ関係者)

 同ドラマは人気コミックを実写化。おしゃれに縁のなかった少女と女装男子が繰り広げる騒動を描いたシュールラブコメディーだが、すでに14年、現在は芸名・のんとして活動する能年玲奈(24)が主演し映画化された。

「当時、能年はNHKの朝ドラ『あまちゃん』の出演後で勢いに乗っていましたが、それでも興収は5億円にも届かず。決してヒットしたとはいえなかった」(映画ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  3. 3

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  4. 4

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  5. 5

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  6. 6

    「ボイパのおっくん」も擁立 立民“プチ有名人”作戦の吉凶

  7. 7

    テレ朝vs日テレで勃発 若貴兄弟“和解特番”争奪戦の行方

  8. 8

    MLBとは対照的 旧態依然な“天下り天国”日本プロ野球の限界

  9. 9

    「衆参ダブル論」は安倍首相とその周辺の思考混乱の表れ

  10. 10

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る