トップリード新妻は芸能界引退も 有吉を苦しめる自責の念

公開日:

 芸人トップリードの新妻悠太(36)が住居侵入と窃盗未遂で逮捕されたニュースは衝撃だった。結局新妻は不起訴となったが、コンビは解散し、事務所からは解雇され芸能界引退となった。

 すでに忘れ去られようとしている事件だが、今でも異常なまでに自責の念に駆られている芸人がいるという。とあるテレビ制作会社スタッフが語る。

「これまでも新妻がいた若手芸人たち相部屋の楽屋から物や現金がなくなったことはたびたびあり、芸人たちの間では、新妻が犯人ではないかと疑っていたそうです。ただ証拠は何もないから誰も新妻を問い詰めたりはしないという状況が続いていた。ただ、常に空気は最悪。そんな暗い雰囲気を心配した事務所の大先輩である有吉弘行さんが、新妻のことをあえて『泥棒』とあだ名を付けたことでみんなの留飲を下げ、何とか空気を保っていたらしいのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る