• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

バレンタインチョコを吟味も ジャガー横田のため息のワケ

投稿日:

 男性にとっては悲喜こもごも、女性にとっては準備が面倒とまで言われる年イチのイベント、バレンタインデー。今年は高級チョコ「ゴディバ」が「日本は、義理チョコをやめよう。」という新聞広告を打って話題になったが、14日から2日が過ぎた16日のこと。西麻布のコンビニで、売れ残りを並べたチョコレートの安売りコーナーを熱心に眺める女性がいた。ジャガー横田である。

 ジャガーといえば4年前に起きた旦那である医師・木下博勝氏の沖縄愛人騒動以来、テレビ出演もご無沙汰気味だ。コンビニの買い物かごにさまざまなメーカーの麦茶を大量に入れたまま、チョコレートコーナーで長いこと安売り商品を吟味していた。

 ただ、聞こえてくるのはため息ばかり。お気に入りのチョコが見つからないからなのか、旦那との不仲が続いていて、チョコをあげるかどうかを2日遅れになってもまだ悩んでいるからなのか……。

 最近のブログを読むと、小学生のひとり息子の反抗期にも悩んでいるというジャガー。甘いものでも食べて一息ついたほうがいいかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る