バレンタインチョコを吟味も ジャガー横田のため息のワケ

公開日:

 男性にとっては悲喜こもごも、女性にとっては準備が面倒とまで言われる年イチのイベント、バレンタインデー。今年は高級チョコ「ゴディバ」が「日本は、義理チョコをやめよう。」という新聞広告を打って話題になったが、14日から2日が過ぎた16日のこと。西麻布のコンビニで、売れ残りを並べたチョコレートの安売りコーナーを熱心に眺める女性がいた。ジャガー横田である。

 ジャガーといえば4年前に起きた旦那である医師・木下博勝氏の沖縄愛人騒動以来、テレビ出演もご無沙汰気味だ。コンビニの買い物かごにさまざまなメーカーの麦茶を大量に入れたまま、チョコレートコーナーで長いこと安売り商品を吟味していた。

 ただ、聞こえてくるのはため息ばかり。お気に入りのチョコが見つからないからなのか、旦那との不仲が続いていて、チョコをあげるかどうかを2日遅れになってもまだ悩んでいるからなのか……。

 最近のブログを読むと、小学生のひとり息子の反抗期にも悩んでいるというジャガー。甘いものでも食べて一息ついたほうがいいかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  9. 9

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

  10. 10

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

もっと見る