バレンタインチョコを吟味も ジャガー横田のため息のワケ

公開日:

 男性にとっては悲喜こもごも、女性にとっては準備が面倒とまで言われる年イチのイベント、バレンタインデー。今年は高級チョコ「ゴディバ」が「日本は、義理チョコをやめよう。」という新聞広告を打って話題になったが、14日から2日が過ぎた16日のこと。西麻布のコンビニで、売れ残りを並べたチョコレートの安売りコーナーを熱心に眺める女性がいた。ジャガー横田である。

 ジャガーといえば4年前に起きた旦那である医師・木下博勝氏の沖縄愛人騒動以来、テレビ出演もご無沙汰気味だ。コンビニの買い物かごにさまざまなメーカーの麦茶を大量に入れたまま、チョコレートコーナーで長いこと安売り商品を吟味していた。

 ただ、聞こえてくるのはため息ばかり。お気に入りのチョコが見つからないからなのか、旦那との不仲が続いていて、チョコをあげるかどうかを2日遅れになってもまだ悩んでいるからなのか……。

 最近のブログを読むと、小学生のひとり息子の反抗期にも悩んでいるというジャガー。甘いものでも食べて一息ついたほうがいいかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る