元SMAPサイトも “五輪エンブレム騒動”佐野研二郎氏は今

公開日:

 東京五輪のエンブレムデザインで“パクリ疑惑”が浮上し謝罪した「サノケン」こと佐野研二郎氏(45)。世論の袋叩きに遭ったその後の“消息”が聞こえなかったが、仕事は途切れていないという。

 元SMAP3人の公式ファンサイト「新しい地図」のHPを手がけたり、アニメ映画「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」のテーマ曲を手がけたDAOKOのCDのデザインを担当。DAOKOの魅力を服飾専門誌の「装苑」でコメントしていたりと、エンブレム騒動はなかったかのように“オシャレ”ディレクターとして活躍。しかも、「エコバッグ」のデザインでパクリが続出、迷惑をかけたはずのサントリーの仕事も続投。宇多田ヒカルの天然水の広告なども手がけており、しぶとく生き残っている。

 一説には、兄が経済産業省のキャリア官僚、妻は博報堂時代の元同僚、親戚が日本スポーツ振興センター(JSC)という“お家柄”のため、仕事に困らないという見方もあるが、芸能評論家の肥留間正明氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  8. 8

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  9. 9

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  10. 10

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

もっと見る