仮面女子・猪狩さん パラ五輪アンバサダー就任に期待の声

公開日:

 最強の地下アイドル「仮面女子」の猪狩ともか(26)が脊髄損傷の大事故から1カ月、芸能活動の再開を公表し、称賛の声が上がっている。

 猪狩は4月11日に文京区湯島聖堂脇の歩道を通行中、暴風で倒れてきた木製の看板の下敷きになり、脊髄を損傷。両下肢まひで車いす生活に……。

 7日、猪狩は仮面女子のツイッターで「退院後は仮面女子として活動を続け、これを事務所も支えていきます」と芸能活動を続行することを明らかにすると、ブログでも「今までとは方向性は変わるけど、何かを発信していきたいという気持ちは何ひとつ変わりません」と記した。

「五体不満足」の著者である乙武洋匡氏は「障害者だってアイドルあきらめなくていい」とツイート。タレントの武井壮は8日、仮面女子メンバーと共に病室を見舞い、車いすをプレゼントすることを公言。前向きな猪狩の姿勢に「彼女こそ真のアイドルだ!」と絶賛の声しきりなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る