仮面女子・猪狩さんは車椅子生活…強風で看板倒壊の責任は

公開日:

「私は歩くことはもちろん、自分の力で脚を動かすことすらできなくなってしまいました」

 地下アイドルグループ「仮面女子」のメンバー猪狩ともか(26)の告白に衝撃が走っている。

 公式ブログ(7日付)などによると、4月11日午後、東京都文京区湯島の歩道を歩いていた猪狩は、強風で倒れた縦2.8メートル、横3.8メートルの木製の案内板の下敷きになった。その際に脊髄を損傷し、両足が麻痺。治る可能性は極めて低く、今後、車椅子での生活を余儀なくされたという。

 猪狩本人はブログで、一時は「絶望しました」としながらも、家族や友人らの支えもあり、今は「車椅子に乗りながらやりたいことはたくさんあります」「私は前を向いています」などと気丈につづっている。

 まだ26歳だ。その精神力には驚くばかりで、回復を祈ることしかできないが、他の誰かが被害者になっていたとしてもおかしくなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  9. 9

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  10. 10

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

もっと見る