天敵の芸能マスコミも唸る 元NHK有働由美子アナの“神対応”

公開日:

 NHKを退局しフリーになった有働由美子アナ(49)のマスコミ対応力が話題である。

 4月3日に27年務めたNHKからの独立を発表した際も、マツコ・デラックスの所属する芸能プロ入りが明らかになった際にも、会見を開くこともなく、芸能マスコミからの取材が相次いでいた有働。だからだろうか、仕事先で直撃した「女性自身」に対して、こう言って取材に応じたという。

「誰にも言わずにNHKを辞めてしまったので、お世話になった方々や視聴者のみなさんにまだちゃんとしたご報告ができていないんです。ですから『女性自身』さんの誌面をお借りして、いままで何もお話しできなかったことを謝りたいです」

 そして、退局の際に「一ジャーナリストとして取材などに当たっていく」と語ったため、バラエティーや「あさイチ」のような情報番組の司会は卒業かとみられていたが、それは誤解であること。5歳年下の実業家との交際を取り沙汰されたが、「結婚だけが幸せのゴールだとは思っていないんです。だから、ないですね」と、結婚説も否定。2020年東京五輪など、今後の仕事への抱負も語ったのである。マスコミ関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る