石田ゆり子は辟易しインスタ炎上…問われる接客の“距離感”

公開日:

 奇跡のアラフィフ、女優の石田ゆり子(48)のインスタグラムが炎上し、投稿削除に追い込まれた。発端は5月7日の投稿で、石田はどこかの店舗に洋服でも見に行ったのだろう。販売員の接客について感じたことをこうつづった。

「相性、みたいなものもあるような気もします。そのときの気分もある」

「でも、手に取るものすべてを、それは~です それ、わたしも持ってます それは素材が~~…と それはやはりちょっと疲れてしまうんですね」

「つかずはなれず。距離を保つ。察する。というのはやはり必要かと思うのです。ふぅ~」

 石田のインスタはフォロワー数150万人超。影響力は大きく、瞬く間に多数のコメントが付いた。

「まったく同意見。好きに見たいから放っておいてほしい」という“肯定派”も多くみられたが、「販売員です。接客の仕事を全否定されているようで悲しい」「販売員は声をかけることが仕事」「このインスタを読んで『自分のことだ』と気づいて落ち込む人がいることに気づかないんですか」などと、批判的な意見も相次いだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る