石田ゆり子は辟易しインスタ炎上…問われる接客の“距離感”

公開日: 更新日:

 奇跡のアラフィフ、女優の石田ゆり子(48)のインスタグラムが炎上し、投稿削除に追い込まれた。発端は5月7日の投稿で、石田はどこかの店舗に洋服でも見に行ったのだろう。販売員の接客について感じたことをこうつづった。

「相性、みたいなものもあるような気もします。そのときの気分もある」

「でも、手に取るものすべてを、それは~です それ、わたしも持ってます それは素材が~~…と それはやはりちょっと疲れてしまうんですね」

「つかずはなれず。距離を保つ。察する。というのはやはり必要かと思うのです。ふぅ~」

 石田のインスタはフォロワー数150万人超。影響力は大きく、瞬く間に多数のコメントが付いた。

「まったく同意見。好きに見たいから放っておいてほしい」という“肯定派”も多くみられたが、「販売員です。接客の仕事を全否定されているようで悲しい」「販売員は声をかけることが仕事」「このインスタを読んで『自分のことだ』と気づいて落ち込む人がいることに気づかないんですか」などと、批判的な意見も相次いだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  9. 9

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

  10. 10

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

もっと見る