石田ゆり子は辟易しインスタ炎上…問われる接客の“距離感”

公開日:

 奇跡のアラフィフ、女優の石田ゆり子(48)のインスタグラムが炎上し、投稿削除に追い込まれた。発端は5月7日の投稿で、石田はどこかの店舗に洋服でも見に行ったのだろう。販売員の接客について感じたことをこうつづった。

「相性、みたいなものもあるような気もします。そのときの気分もある」

「でも、手に取るものすべてを、それは~です それ、わたしも持ってます それは素材が~~…と それはやはりちょっと疲れてしまうんですね」

「つかずはなれず。距離を保つ。察する。というのはやはり必要かと思うのです。ふぅ~」

 石田のインスタはフォロワー数150万人超。影響力は大きく、瞬く間に多数のコメントが付いた。

「まったく同意見。好きに見たいから放っておいてほしい」という“肯定派”も多くみられたが、「販売員です。接客の仕事を全否定されているようで悲しい」「販売員は声をかけることが仕事」「このインスタを読んで『自分のことだ』と気づいて落ち込む人がいることに気づかないんですか」などと、批判的な意見も相次いだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る