千眼美子が1年半ぶり姿 「清水富美加からパワーアップを」

公開日:  更新日:

「こんばんは、こんばんはー。千眼美子です。こうして外に出てファンの方々と触れ合えるのは1年半ぶりぐらいでドキドキしてます!」

 持ち前の天真爛漫な笑顔で挨拶する姿が、印象的だった。昨年2月に宗教法人「幸福の科学」に出家し、本名の清水富美加改め法名で活動する千眼美子(23)。8日にヴィレッジヴァンガード(通称ヴィレヴァン)渋谷本店で行われたトークショーには100人の観客が駆け付け、変わらぬ人気ぶりをみせた。

 今週12日に公開となる映画「さらば青春、されど青春。」(日活配給)で1年ぶりの女優復帰、そして、主題歌「眠れぬ夜を超えて」で歌手デビューを果たす。今後の映画出演も「8本ぐらい決まっている」と大忙しだが、司会者から理想の運命的な恋の出会いについて聞かれると「大好きなヴィレヴァンで高い棚に置かれたピザパン柄のポーチを(偶然が重なった)2度目の出会いで取ってもらいたい」と、ちょっぴり(!?)マニアックなプランを告白。会場は温かい空気に包まれたのだった。

「女優さんとしても宗教家としてもまだまだなので、ちゃんと全部のプロになりたい。自分の意見を自分の言葉で伝えていきたい。清水富美加からパワーアップしていきたい」と、力強く今後の抱負についても語った千眼。大好物なパン柄のスカートをはきこなし、元気いっぱいだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  7. 7

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  8. 8

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  9. 9

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  10. 10

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

もっと見る