千眼美子が1年半ぶり姿 「清水富美加からパワーアップを」

公開日:  更新日:

「こんばんは、こんばんはー。千眼美子です。こうして外に出てファンの方々と触れ合えるのは1年半ぶりぐらいでドキドキしてます!」

 持ち前の天真爛漫な笑顔で挨拶する姿が、印象的だった。昨年2月に宗教法人「幸福の科学」に出家し、本名の清水富美加改め法名で活動する千眼美子(23)。8日にヴィレッジヴァンガード(通称ヴィレヴァン)渋谷本店で行われたトークショーには100人の観客が駆け付け、変わらぬ人気ぶりをみせた。

 今週12日に公開となる映画「さらば青春、されど青春。」(日活配給)で1年ぶりの女優復帰、そして、主題歌「眠れぬ夜を超えて」で歌手デビューを果たす。今後の映画出演も「8本ぐらい決まっている」と大忙しだが、司会者から理想の運命的な恋の出会いについて聞かれると「大好きなヴィレヴァンで高い棚に置かれたピザパン柄のポーチを(偶然が重なった)2度目の出会いで取ってもらいたい」と、ちょっぴり(!?)マニアックなプランを告白。会場は温かい空気に包まれたのだった。

「女優さんとしても宗教家としてもまだまだなので、ちゃんと全部のプロになりたい。自分の意見を自分の言葉で伝えていきたい。清水富美加からパワーアップしていきたい」と、力強く今後の抱負についても語った千眼。大好物なパン柄のスカートをはきこなし、元気いっぱいだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る