• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“やらかし”対策だけにあらず…ジャニーズが変えるべき社風

 元TOKIOメンバー山口達也(46)の淫行事件は、ジャニーズが被害者の女子高生との間で示談を成立させており、昨年の法改正で性犯罪が厳罰化されていなければ、闇に葬られていた可能性も指摘されている。強制わいせつ及び準強制わいせつ罪は親告罪で、被害者が訴えなければ公訴を提起できないものだったからだ。

■熱狂的ファン「やらかし」とのトラブル事例

「ジャニーズJrのメンバーが埼京線池袋駅のホームでファンの女性の顔面を殴り、右眼窩底骨折の重傷を負わせたと2014年に週刊誌が報じたこともありました。ジャニーズはこの被害女性と示談したことを認めています。女性はこのメンバーのファンということもあり警察に被害届は出さなかった。山口氏の件といい、この件といい、問題があっても示談で表沙汰にならなかった事例は他にいくつもあるんじゃないか。そんな印象を持たれても仕方ない」(スポーツ紙芸能デスク)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る