“やらかし”対策だけにあらず…ジャニーズが変えるべき社風

公開日:

 元TOKIOメンバー山口達也(46)の淫行事件は、ジャニーズが被害者の女子高生との間で示談を成立させており、昨年の法改正で性犯罪が厳罰化されていなければ、闇に葬られていた可能性も指摘されている。強制わいせつ及び準強制わいせつ罪は親告罪で、被害者が訴えなければ公訴を提起できないものだったからだ。

■熱狂的ファン「やらかし」とのトラブル事例

「ジャニーズJrのメンバーが埼京線池袋駅のホームでファンの女性の顔面を殴り、右眼窩底骨折の重傷を負わせたと2014年に週刊誌が報じたこともありました。ジャニーズはこの被害女性と示談したことを認めています。女性はこのメンバーのファンということもあり警察に被害届は出さなかった。山口氏の件といい、この件といい、問題があっても示談で表沙汰にならなかった事例は他にいくつもあるんじゃないか。そんな印象を持たれても仕方ない」(スポーツ紙芸能デスク)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る