城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

NEWS小山の自粛で蘇った 某キャスターの“ブラジャー事件”

公開日: 更新日:

 僕らの業界とは関係のない友人から声を掛けられた。

〈大変な時代になったなあ。飲み会に未成年者が知らないうちにいたことで謹慎になり、一気飲みの掛け声も好ましくないと注意される。厳しすぎないか〉

 NEWSの小山慶一郎(34)が、彼を中心とする飲み会に未成年であることを隠して参加した女性がいたことで、レギュラー出演する番組で謝罪し、一定期間の活動自粛となった件のことだ。

 そりゃ僕だって、飲み会の席で若い子を見つけた際、年齢を尋ねて、「二十歳です」と言われたら、身分証明書や免許証を見せろとは言いにくい。それが軽率ではないかということで、事情説明することになる。

 小山は報道番組のキャスターでニュースを取り扱い、意見を述べることがあるので、世間的に影響を与える“公人”という立場にあるといえる。その小山が飲み会の参加者に、掛け声をかけ、あおるような飲ませ方をしたのはいかがなものか……という意味で、小山自身はもちろん、事務所も“襟を正す”という意味で自粛を決めたわけだ。対応ぶりも早かったと思う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  5. 5

    コンサル派遣で病院支援…官民ファンド“焼け太り”の裏事情

  6. 6

    石田純一「法的手段も考えている」の裏に理子夫人への鬱積

  7. 7

    マスクが着用できない自閉症児を搭乗拒否…航空会社に賛否

  8. 8

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  9. 9

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  10. 10

    石田純一芸能界コロナ離婚第1号か 妻の東尾理子が怒り心頭

もっと見る