「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

公開日:

 沢尻エリカ(32)の11年ぶりの謝罪がスポーツ各紙に報じられた。「別に……」などと、不機嫌な受け答えで批判を浴びた沢尻は当時、中山秀征(50)が司会の日テレ系情報番組にゲストで生出演した際も不機嫌で話題になった。

 今回は別の番組で改めて沢尻と共演となった中山が「まもなく試合終了のベンチみたいに厳しい表情だった」と振り返り、「実は申し訳なくて、もっと聞き方があったんじゃ……と思って」と向けると、沢尻は「すみませんでした」と頭を下げたという。

「別に」騒動後、一時芸能活動を休止していた沢尻だが、ここ数年でまた売れっ子に返り咲き。女優としての他、NHK・BSプレミアムのドキュメンタリー「アナザーストーリーズ 運命の分岐点」の司会なども務めている。仕事も順調で、バラエティー番組でのトークもそつなくこなしている印象だ。ベテラン芸能記者の青山佳裕氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る