「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

公開日:

 沢尻エリカ(32)の11年ぶりの謝罪がスポーツ各紙に報じられた。「別に……」などと、不機嫌な受け答えで批判を浴びた沢尻は当時、中山秀征(50)が司会の日テレ系情報番組にゲストで生出演した際も不機嫌で話題になった。

 今回は別の番組で改めて沢尻と共演となった中山が「まもなく試合終了のベンチみたいに厳しい表情だった」と振り返り、「実は申し訳なくて、もっと聞き方があったんじゃ……と思って」と向けると、沢尻は「すみませんでした」と頭を下げたという。

「別に」騒動後、一時芸能活動を休止していた沢尻だが、ここ数年でまた売れっ子に返り咲き。女優としての他、NHK・BSプレミアムのドキュメンタリー「アナザーストーリーズ 運命の分岐点」の司会なども務めている。仕事も順調で、バラエティー番組でのトークもそつなくこなしている印象だ。ベテラン芸能記者の青山佳裕氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る